第9回日本泌尿器病理研究会学術集会のウェブサイト

第9回日本泌尿器病理研究会学術集会

テーマ

令和時代、あらためて病理から病態を知るー患者への還元を目指してー

会長挨拶

このたび第9回日本泌尿器病理研究会(JSUP, Japanese Society of Urological Pathology)学術集会を開催させていただくにあたり、ご挨拶申し上げます。
本会は2012年に第1回大会が開催され(会長:白石泰三先生、賀本敏行先生)、臨床に直結した泌尿器病理学の知識をアップデートし、理解を深めることのできる唯一の学術集会として発展してきました。泌尿器疾患の病態解明と臨床へのフィードバックに熱意のある病理医と、病理に造詣が深く、より適切な治療へのヒントを持ち帰りたい泌尿器科医が集い、建設的な意見交換や学術的な討議が行われただけでなく、施設を超えた病理医と泌尿器科医の交流が培われてきたことは周知の通りです。
しかしその後も泌尿器病理学は常に更新され、発展し続けています。泌尿器科腫瘍の治療体系は複雑化し、病理や遺伝学的情報を基にした治療戦略が一般化しつつあります。本学術集会では過去8回の大会における成果を土台に、さらに発展する泌尿器病理学をキャッチアップし、より深い病態の理解と治療への還元を図る実りある会にしたいと考えております。第8回学術集会と同様、一般演題での症例および研究に関する発表と討議に加え、泌尿器病理学や泌尿器腫瘍学の最新情報を習得する場として、ワークショップ、シンポジウム、教育セミナーを企画しました。
病理医、泌尿器科医はもちろんのこと、泌尿器病理に関わるすべての方々のご参加と演題登録を心よりお待ちしております。またオリンピック・イヤーに開催される本学術集会が、参加者の皆さまの交流をさらに深める機会になることを願っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

第9回日本泌尿器病理研究会学術集会 会長
北村  寛(富山大学大学院医学薬学研究部 腎泌尿器科学講座)
渡邉 昌俊(三重大学大学院医学系研究科/医学部腫瘍病理/附属病院病理部病理診断科)